保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、診療情報管理士、医療事務、医療秘書、登録販売者をめざす東京、神保町の専門学校

篠原保育医療情報専門学校
厚生労働省 指定保育士養成施設/日本病院会会員校 診療情報管理士養成認定校
コンテンツメニュー
  • 篠原保育医療情報専門学校学校紹介
  • こども保育学科
  • こども保育学科夜間部
  • 医療情報管理学科
  • キャリア教育
  • 学納金サポート
  • 募集要項
篠原保育医療情報専門学校 > 医療事務・医療秘書を目指す医療情報管理学科 > 医師事務作業補助者とは?

医師事務作業補助者をめざそう
診療情報管理士コース医療秘書コース医療保育コース

医師事務作業補助者とは?

医師事務作業補助者とは

多忙な病院勤務医の負担を軽くするため、医師の事務作業を補助する職員のこと。平成20年4月に登場しました。現在、評価が高まりつつあり、設置する病院も増えています。今もっとも注目の職種です。

仕事内容 資格試験 勉強内容
医師の指示のもとで、診断書などの文書作成補助、診療記録への代行入力、診察に関するデータ整理などの事務作業などを行います。 医療情報管理学科では学生全員が「医師事務作業補助技能認定試験」(社団法人全日本病院協会、財団法人日本医療教育財団主催)の合格をめざしています。就職試験において医師事務作業補助者としての基礎を備えていると評価されている資格です。 診断書などの医療文書の作成方法や、診療記録の入力代行に必要な技能として電子カルテの入力方法を学びます。また、書類を書くために必要な知識として、医療関連法規、医師や患者さまへの対応に秘書マナーの授業など、いろいろな科目が関わっています。
 

次回開催 OPEN CAMPUS

2017-12-17

こども保育学科

こども保育学科オープンキャンパス申込み

クリスマス装飾の作り方を学ぼう


イブニング説明会

保育補助でご活躍されている皆様へ
ページトップへ
オープンキャンパス・学校見学も随時受付中!
“シノガク”オープンキャンパス
資料請求
キャンパス見学&進学相談会は月曜日から金曜日の10時から18時まで受付中!

イブニング説明会 Enjoy!シノガク!!篠原祭2015
働きながら夜間部で学ぶ こども保育学科夜間部
文部科学省養成講座 保育ファシリテーター 2/8(月)開催「成果報告会」ご来場ありがとうございました 保育ファシリテーター養成講座動画公開中!
厚生労働省 教育訓練給付金制度
人事採用ご担当者様 求人のお申し込み
シノガクTV
文部科学省大臣認定 職業実践専門課程
篠原コミュニティカフェ
学納金サポート